categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category未分類

恐れ多くも、感想とか言っちゃってすいません。

trackback0  comment1
こないだビデオにとっておいた「それでもボクはやってない」をやっとこ観た。
分割で。しかもラストのラストまで録画できてないっつー悲しいオチ。 
でも、判決言い渡したとこまでは観れたのでだいたい観たつもり。
とは言え、どういう締めをしてたのか気になるので、一応ネットでネタバレかいてあるのを探して見たりもした。あらゆる面から考えて納得の結末かと。

映画観た人はわかると思うけど。もう、とにかくホントに憤りを感じずにはいれないですよ。正義であるはずの場所にすら正義はないのかと・・・なんというか世の中に失望しそうになる。
痴漢冤罪事件とは違うけど、ある事件の被害者の方がうったえていた言葉も思い出しました。
(私は何かを言える立場ではないのでそのことについては伏せますが)

本当に何を守るための法律なんやろう?何を裁くための裁判所なんやろうか・・・足りない頭でも考えずにはいられません。・・・と、思うことしか私にはできないんですけどね。
でも、そうやって冤罪事件について、司法のあり方について、多くの人に考えるきっかけを与えた素晴らしい作品やと思います。
うん。思いました。


スポンサーサイト
New «‡Top‡» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。