categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category未分類

読み止められなかった

trackback0  comment1
なぜかダンナが職場の人からもらってきた。

そんなわけで読み始めたら、
止まらなくて一気に読破してしまいました。

って言っても一気に読めるような環境じゃないので、
数回に分けて・・・ですが、
本当にこれは続きを読みたい衝動が
押さえられなかった。

東野さんの作品は過去に1冊読んだだけだったんですが、あぁ、やっぱりこの人の作品好きだなぁと確信しました。

しっかり人間のドラマを見せてくれて、
なおかつそれを絶対、過剰な表現で見せたりはしない。
なので、余計に胸をうちますね。

私にはこの程度の感想しか述べれませんが・・・
他の作品もちょとずつ読めたらなと思いました。

とりあえず、アレは文庫が出たら絶対買って読みたい。
ちゃんと東野さんの作品として、感じたいので。

あぁ・・・
本当に本当はやるべきことが山ほどある(?)から
ちびちびと気分転換がてら読む予定だったんだけどなぁ・・・

容疑者Xの献身 (文春文庫)容疑者Xの献身 (文春文庫)
(2008/08/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る
 
アメリカンしなきゃいけない時にぃ~

仕方ないかぁー









        
 
http://tagoblue.blog111.fc2.com/tb.php/504-60f1a7b4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。